【常念岳】SEASON-1:パノラマ銀座3日間の旅ー2日目ー


2016年8月16日から18日までの3日間。北アルプスのパノラマ銀座を縦走してきました。今回はその2日目。初日の宿泊地である蝶ヶ岳ヒュッテから大天井岳山頂直下の大天荘までのルートです。

生まれて初めて「コンパス持ってて良かった~」と思いました。

初日のブログはこちらです。


山旅のしおり

行先●パノラマ銀座と表銀座の半分

1日目:蝶ヶ岳(ちょうがたけ)

2日目:常念岳(じょうねんだけ)

3日目:大天井岳(おてんしょうだけ)、燕岳(つばくろだけ)

ルート

1日目:上高地―蝶ヶ岳―蝶ヶ岳ヒュッテ

2日目(8月17日):蝶ヶ岳ヒュッテ―常念岳―大天荘

3日目:大天荘―燕岳―中房温泉

日程:2016年8月15日月曜日夜~18日木曜日(2泊3日小屋泊まり+夜行バス1泊)

同行者:風がおいらの道連れ

行先を決めた理由:道の途中に常念岳があったから。

常念岳について

標高2857m日本百名山常念山脈主峰です。

上高地の河童橋に立つと、目の前に見えるのは穂高連峰。そして左側一体の山のつながりが常念山脈。霞沢岳から大滝山、そして蝶ヶ岳と続き、燕岳を越えて餓鬼岳まで続きます。パノラマ銀座とは常念山脈の一部なんですね。そのほぼ中央に位置するのが主峰である常念岳なのですが、常念山脈最高峰は標高2921mの大天井岳(おてんしょうだけ)。とは言え、大天井岳から見ても常念岳の存在感は圧巻で、むしろ常念岳から見た大天井岳は「どれ? ずっと山が続いているけれど大天井岳はどれ?」って感想を個人的に抱きました。存在感の違いが主役である理由でしょう。

常念岳は松本市からも見ることができ、大変メジャー級の山として親しまれていますが、当然ながら山に興味がなかった時期の私は知りませんでした。常念岳という名前は残雪の形、いわゆる雪形が常念坊という徳利片手の飲んだくれたお坊さんに見えるからという説が有力であります。

Wikipediaー常念岳ーより抜粋

この日出発の蝶ヶ岳の由来もこの雪形。雪の残る部分がミヤマモンキチョウ(深山紋黄蝶)に見えたんですね。

安曇野市㏋より抜粋

昔の人の想像力のたくましさには目を見張るものがあります。さらに古くなると、星の並び方だけでサソリを見たり、海神ポセイドンの子であるオリオンを見たり。私の世代はデラ◆っぴんなど紙媒体で想像力を鍛えていましたが、現代のインターネットを自由に操る世代にとってはさらに理解不能な妄想力ではないかと思います。

本日のルート

本日は黄色いライン。蝶ヶ岳ヒュッテから常念岳を超え、大天井岳山頂直下の大天荘(だいてんそう)がゴールとなります。

距離は10km少々ですが、コースタイムで8時間45分。しかし私は初心者のおっさんであることを自覚しています。コースタイム1.2倍で10時間半。いやいやまだ甘い。1.3倍だと11時間24分。朝5時に出発してノンストップで歩いて到着は16時半。1.4倍なら12時間越え確実。かなり不安です。

常念岳を超えるのが一つのポイントですが、ゴールの大天荘がすでに常念岳の標高を超えています。


北アルプス縦走2日目

まだ朝も明けないうちに。朝食を取らずに出発します。

常念小屋まで

朝5時出発予定。しかし出発は早ければ早いほど良い。4時半に行こう! そんな考えをしている人がもう一人いたようです。私が受付で荷物を整理している間にサクサクと準備を整え、傘を片手に出発。

傘!?

ビニ傘ではない普通の傘を杖代わりに出発。真後ろを付けるのも何なので、10分ほどタバコを吸ったり小屋の前で写真を撮ったりした後に私も出発しました。

4:44 出発です。二人ほど小屋の外で景色を見ている人がいました。

04:52 稜線が見えます。でも肉眼はかなり真っ暗だし。写真は処理して明るくしたし。

05:10 じわーっと、確かに少しずつ夜明けを感じます。横尾への分岐が見えてきました。

05:25 TOPって書いてあるからには蝶槍なんだろう。奥に常念岳が見えます。

05:26 蝶槍でした。蝶ヶ岳から歩くと、あんまり槍って感じがしなかったなぁ。

05:31 まがりなりにも槍と名前をつけています。ここから下りまくり。

05:45 太陽が昇って来たようです。穂高に日光が射します。このとき、私のいた場所は影になり、日の出は見ることができませんでした。

05:55 蝶槍から下りてきて樹林帯。低い位置の朝陽が森を明るく照らしました。

癒しの植物コーナー

太陽が昇り、植物たちが輝き始めました。

なんだかよくわからない、朝露の綺麗な葉っぱ。

これ、トリカブト(鳥兜)じゃないかなぁ。ポイズンで有名な。ググったところホソバトリカブト(細葉鳥兜)というようです。

ミヤマシシウド(深山猪独活)。こいつは縦走期間中ずっと目立っていました。線香花火の中盤みたいに綺麗。

06:47 こんなお花畑を通っている間に2592ピークまで来ました。ロマンの無いストレートなネーミングですが、ヤマレコにも2592の場所に2591地点と銘打っています。

ここで休憩していたら、逆方向から縦走してきた人と一人すれ違いました。

振り返ると稜線にトンガリ。あれが蝶槍ですね。確かに槍のように尖がってます。

07:03 休憩終了。景色を見ながらタバコを吸っていたら、20分近くも休んでしまいました。

07:22 常念岳が雲に纏わり付かれていますが近づいてきました。

07:42 おぉ! 雲が消え、私と常念岳の間には何の障壁も無い景色!

07:44 しかし2分後にはまた雲が邪魔をする。

08:27 常念岳の登りが始まりました。大きな岩がゴロゴロ。赤い丸印を頼りに進むと、軽い霧雨になりました。ここで下山してきたベテラン山ガール(ヤマダム)2人組とすれ違いました。私の10分前に蝶ヶ岳ヒュッテを出発した男性とは1時間ほど前にすれ違ったそうです。速い! ヤマダムによると、ここまですれ違う人の少なさと、傘を突いて歩いていたのが印象的だったそうです。

08:32 頂上が見えて・・・こない! 多分頂上だろうと思っていたけれど、何しろ見えないので確信が持てない初心者です。「ひょっとしたらあのピークの向こうに山頂があるかもしれない」なんて考えたりして。

10:02 雨が降って、岩場の登りに体力的に手こずって、さっきの場所から1時間半もかかって山頂。手前の赤いお兄さんは、頂上手前から私の後ろをピッタリマーク。蝶ヶ岳ヒュッテのテント場からやってきたそうです。

 

10:03 常念岳登頂・・・、うーん、な~んにも見えない。写真は赤いお兄さんに撮ってもらいました。

常念岳頂上には祠もあります。お参りしておきました。

10:22 20分も頂上にいたんだなぁ。これからこの道を下ります。1時間で下りきったら常念小屋。しかし腹が減った。1時間持たないかもしれない。

10:22 背中に子どもをくっつけたサルだけじゃなく、頂上はサルの大運動会状態。ちょっと怖い。

10:24 でも食った! サルに威嚇しながら食った! 赤いお兄さんは常念小屋で昼飯にするって下りていきました。

お弁当を食べてると、目の前にホシガラス。コイツもお弁当を狙っているのか?

「お弁当、あげないよ」と念じたら飛んで行きました。

10:38 お弁当終了で下ります。

10:44 常念岳山頂すぐ下に三股との分岐があります。三股をベースに常念岳と蝶ヶ岳の周回ができます。

 

11:14 赤い屋根が常念小屋。予定ではあと25分くらい。向こうに見えるのが横通岳で、奥にある一番高い山が多分ゴールの大天井岳。この天気が続いてくれればよかったのに・・・。

11:20 さっきのホシガラスでしょうか。「松ぼっくり食べるから、おにぎりなんていらないもんねぇ」とアピールに来たのかもしれません。

11:23 この日、一番のいい天気。この時は「これから天気回復? 槍ヶ岳見える?」なんて思っていました。

11:36 常念小屋側からの常念岳の登りスタート地点。

11:47 常念小屋に到着。水を1Lとバッチを買いました。

ベンチでは赤いお兄さんが食事を終え、後片付けをしていました。休憩しながらお話すると、赤いお兄さんのこの日のゴールは西岳。

西岳!?

ここから大天井岳を経て、表銀座の喜作新道を歩き、東鎌尾根の手前の西岳。お兄さん、「今からのコースタイムで到着は19時っすねぇ。ヤバいっすねぇ」なんて言ってる。蝶ヶ岳から大天井経由の西岳っていう距離もすごいし到着時間もちょっとわけ分からない。相当山登りに慣れているようですが、つい「マジ、大丈夫ですか?」なんて聞くと「若いから大丈夫っすよ。多分」なんて言っています。

もっといろいろ話をしたかったのですが、多分一緒にスタートすると、「気にしないで先に行ってください」と言ったとしても足を引っ張るかもしれない。

「私はもうちょっと休んでから行くんで、先に行ってください」と、ここで赤いお兄さんとお別れしました。

アメアメ大天荘まで

12:12 赤いお兄さんと別れてから約10分後に出発。

12:13 最初はこんなハイマツの道を歩きました。

13:05 多分、横通岳(よことおしだけ)の手前。登山道は横通岳の山頂は通らず、地図的には30mほど下を巻いて通ります。

ここでカメラをザックにしまいました。雨が霧雨ではなくシトシト降り始めたので。先も見えないし。ここら辺で雨に濡れながらタバコ一服休憩をしました。傘お兄さんなら、傘をさして歩けたんだろう。

大天荘までの回想

大天荘まで写真はありません。

何しろ先が見えない。20m先は見えない。横通岳の真下を通過しても、山頂とどれだけ離れているのか分からない。ただただ歩きます。道は稜線の西側。進行方向の向かって右側はずっと稜線。従って稜線を越えたら左側に山を感じて歩くはず。そう思っていました。

横通岳を超え、次の山は東天井岳。ここも山頂は通らず巻き道。ここまでは頭の中の記憶にありました。

東天井岳が近づき、それまでの水平移動から、稜線に向かって真っすぐハイマツの道を登る道になりました。稜線に出ました。

道が後ろに続いてる!

脳内では、今来た道の稜線向こう側で戻る道だと言っている。

相当混乱しましたが、とりあえず進む。しかし10分ほど進んでから、どうしても脳内のイメージが抜けず、また稜線まで戻ります。真っ白な雲の中、雨がシトシト降る中、考えます。

あ、俺コンパス持ってる!

脳内イメージでは登山道の進行方向は南。しかしコンパスが示す方向は北!

当たり前ですが、登山道は嘘をつかない。

しかしなぜ方向感覚が狂ったんだろう? 自分では意外と方向感覚は良い方だと思っていました。しかし現実は180度も勘違いしています。

地図を見ると、確かに東天井岳でルートは右、地図で言うと北にカクッと曲がっています。ここを甘く見ていたことが一つの要因でした。

さらに東天井岳手前で登山道も稜線も完全に左にカーブしています。しかし真っ白で景色が見えない中で歩いていたら、曲がっているように完全に気づかず、直進していると思ったんですね。二つ目の要因です。

さらに緑の尾根の部分。勘違いイメージでは、北に続く尾根だと思っていました。「なんで道はこの尾根沿いに行かせないんだよ!」と思っちゃったんですね。初心者の分際で余計なことを考えたのが三つ目の要因。

地図では旧二俣小屋跡があります。ここまでの距離感も分からず、また小屋跡がどんなものかも知りませんでした。1回目で10分ほど進んで戻った時、この小屋跡は確認していました。しかし、疑心暗鬼になった私は、「小屋跡って、もっと離れた場所にあるんじゃないか? これは違うやつじゃないか?」なんて余計なことを考えていたんですね。初心者の分際で。

とりあえずコンパスが北を示す通りの道なりに進みました。おっかなびっくり。ものすごーくゆっくりと慎重に。と言うか足が進まない。コンパスは北を指しているんだけれど、「あれ? コンパスの針って本当に赤い方が北だっけ? 北と言えば寒い。寒色の青とかじゃないの?」なんて考えたりもしました。

そこへ後ろから一人、全身黒アークの登山者。すかさず声をかけます。

私「大天井って、こっちで良いんですかねぇ」

黒「コッチ。コッチ」

ん?

私「いやー、ちょっと方向見失っちゃって~」

黒「ワタシ、カンコクジン。ニホンゴ、ワカラナイ」

あぁ、なんとも情けない。異国の地に来た外国人に我が日本で道を尋ねるなんて。

恥ずかしさを紛らわすため、片言の英語で話しかけました。韓国は英語教育が進んでるって聞くし。結局、相手も英語が片言。お互い片言同士で話すと、前日は蝶ヶ岳ヒュッテに泊まったって。

ん?

私「そういえば晩飯のとき、なんか茶色いの飲んで無かった?(片言の英語)」

黒「あ、晩飯のとき、あんた、でっかいカメラ持ってた?(片言の英語)」

前日の食事のときに隣に座った人でした。

そこから二人で大天荘まで。「あと1km」とか「あと0.9km」って標識にお互い「もうすぐだ! ゴールだ!」と話しながら到着しました。

で、やっと到着。16時くらい。黒アークさんの写真を撮ってから受け付けをして、寝床を案内され、ザックからカメラを出して外に出ました。寝床は2段ベッドの下。

16:04 大天荘到着。

歩いてきた方向は真っ白です。大天井岳に登るのは明日でいいや。

再び小屋に戻り、とりあえず着替えたい。レインウェアを上だけしか着ていなかったので、下半身はビショビショ。全部着替えたい。

どこか着替えられる場所あるかな~っと受付の小屋番の人に聞いたら、空いていた個室を貸してくれました。優しい。優しすぎる。大天荘は優しさでできている。

大天荘にて

16:57 着替えて落ち着いた頃、雨が上がって来たので外に出てみました。雲はまだあるけれど、随分遠くまで見えるようになっていました。

これが大天荘です。とても綺麗な山小屋でした。

晩飯前に寝床に戻った時、ベッドの上から「昨日は蝶ヶ岳ヒュッテに泊まって・・・」と聞こえました。私の10分前に出発した傘を持ったお兄さん。13時半頃に到着したとのことでした。

17:31 晩飯の時間。噂通りおいしいごはんだった。今まで止まった小屋での満足度ランキングでは金峰山小屋に次ぐ満足度。立山のみくりが池温泉のクオリティが高いのは当たり前。「うそ! ここでこんな飯が!?」という満足度は大天荘の方が上に感じました。

晩飯時は傘のお兄さんと、合戦尾根を登って来た地元のお兄さんと話をしました。

18:08 晩飯を食べた後、青空が見えたので外に出ました。なんかものすごい綺麗な稜線が見える。明日通る表銀座縦走路なのですが、正直言ってこの時点ではこの稜線が表銀座なのか分かっていませんでした。

しかし気分が良い。だから写真を撮ってもらう。「稜線と私」

   

みんな稜線方向の景色を見まくる。右にいるのが黒アークさん。着替えて白シャツになっていましたが、これもアークでした。

日が暮れてからは小屋の中で時間をつぶします。私は黒アークさんとしゃべっていました。片言の英語で。

聞くと9日くらいの夏休みを取り、中房温泉からスタート。表銀座を槍まで登り、そこから大キレットを越えて奥穂、前穂と登って紀美子平から上高地へ下山。一泊だけ平湯に泊まった後に上高地へ戻り蝶ヶ岳、そしてこの日の大天井。明日以降は再度槍ヶ岳を登った後、西鎌尾根を経て最後の笠ヶ岳。そこから中尾高原口に下りたらバスで高山。電車で名古屋へ行き、セントレアから帰国。

なんか壮大ですげえ。韓国にある山では登山らしい登山ができず、日本に来たとか、中国の山も登ったことがあるけれど、穂高の大キレットの方がアップダウンが厳しくて大変だとか。

そんな話をしていると、傘兄さんも合流。傘兄さんは経験豊富で、どこに鎖があるとか、どこにハシゴがあるとか、この時間で笠ヶ岳から中尾は転がり下りるレベルじゃないと難しいとか、いろいろ話をしていました。私は横から聞いて、傘兄さんが思い出せない英単語を言うだけ。それでも何だかすごく楽しいひと時でした。

最後に黒アークさんが「大天荘に到着した時の写真とか送るから、メールアドレス教えて」と言うので教えました。

しかし!

チーン。連絡取れ~ず。

大天荘での夜景

黒アークさんと傘兄さんと楽しいひと時を過ごした後、外の天気がうそ!?というレベルで良くなっていたので、カメラを片手に外へ出ました。

すると、三脚を構えた人たちがいるいる。3人くらいいる。

私は三脚を持っていません。地面に置けばいいかなーって。

とりあえずさそり座方向に構えてみます。

手前の石ころも写っちゃった。それに頑張って焦点合わせてた女の子も入り込んじゃった。

女の子とはちょっと話したのですが、岩登りもやるそうで、登山と岩登りと写真が趣味だそうです。一生懸命、モニターで焦点を合わせていました。私も昔はモニターに明るい星を出して、拡大しながらマニュアルでピントを追い込んだりしていましたが・・・、正直めんどっちい。

「ISO1600、20秒、ピントは無限大。とりあえずこれで」って感じではじめ、後は画像を見て微調整。なるべくISOは400とか200程度に抑えたいし、シャッタースピード30秒だと星が流れちゃうから20秒くらい。ここら辺が目安。

ISOが高くてノイズが目立つ。そもそも石ころ邪魔なので場所を変えよう。

雲海と山小屋(大天荘のトイレ)の明かりとさそり座。こんな感じかな。rawで撮って、適度に明るくしました。

同サイズでさそり座を分かりやすくしてみました。尻尾までちゃんと星が見える。尻尾のあたりに天の川が見えるはずなんだけれど、ちょっと時間早くて明るかったかもしんない。

方向を変えて北斗七星。こちら死兆星まで写っています。

思い出しましたが、月明りが結構あったんだった。20時半頃までカメラで遊びましたが、寒くなったので終わりにして速攻で爆睡しました。


2日目を終えて

携帯の万歩計のデータ

1日目(2016/8/16) 1万6481歩 13.6km

2日目(2016/8/17) 2万2406歩 18.5km

万歩計だと18.5kmですが、地図で見ると10.3km。随分と差があります。

この日の山行では、生まれて初めて「コンパスを持ってて良かった~」と感じました。正直気休め。「どうせコンパスの使い方も知らないから意味ないぜ」なんて思っていました。すみません。

視界が悪い中で動くと、完全に方向感覚を見失うことが分かりました。すみません。

霧雨でもレインウェア上下を着ないとずぶ濡れになることが分かりました。すみません。

しかし不安だった距離と行程をなんとか乗り越えました。エッヘン。

唯一の心残りは、夜にカメラで遊んでいた時間。大天井に登って夜の槍ヶ岳を見なかったこと。おそらく槍は見えていたと思います。今思えば、「なぜ登らない? 唯一のチャンスだったじゃないか。むしろ夜に槍を見るなんてめったにできないぞ。バカ!」としか感想はありません。自分に対し、本当にすみませんでした。

あと黒アークさんへ教えたメールアドレス。字が汚かったかなぁ。残念だなぁ。登山をしていると外国人もかなり見かけます。片言でも全然平気っぽいので、少し勇気が湧きました。てか、英語教育先進国と誉れ高い韓国だと思っていましたが、意外と日本と変わらないかもしれない。根拠は一人しか無いんですが。

さて、翌日の最終日。晩飯がうまかった大天荘なので朝食もしっかり頂きます。そして表銀座縦走路を通り、今回の山行最後の頂上、北アルプスの女王と呼ばれる燕岳へ。そして怒濤の合戦尾根下山。温泉に入る時間はあるのか? そして予定のバスに乗ることはできるのか? それは次回のお話です。

地図と本

もっと地図の見方を覚えなければいけない。視界がなくても行先が分かるように。

見せたい星が見えるように処理。それ以外に何があるというのか。嘘みたいな星景写真は勘弁。

【常念岳】SEASON-1:パノラマ銀座3日間の旅ー2日目ー おわり

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です