【金峰山・瑞牆山】SEASON-1:1泊2日のスタートは初の破線ルート。


2016年7月17日、18日の2日間で金峰山瑞牆山に行ってきました。

今回のブログは初日の金峰山小屋まで。小屋泊まりなので3時間そこらの山行では物足りないと思った私は、初めての破線ルートであるアコウ平からスタートしました。


山旅のしおり

行先:1日目:金峰山(きんぷさん(山梨呼び)・きんぽうざん(長野呼び))、山梨県甲府市、長野県南佐久郡川上村

2日目:瑞牆山(みずがきやま)、山梨県北杜市

ルート(1日目)アコウ平―五丈岩―金峰山―金峰山小屋、(2日目)金峰山小屋―五丈岩―瑞牆山―瑞牆山荘

日程:2016年7月17日土曜日、18日日曜日(1泊2日小屋泊まり)

同行者:誰もいないのはもう慣れた

行先を決めた理由:東京からまぁまぁ近い。金峰山と瑞牆山はセットで行きたい。

金峰山について

標高2599m、日本百名山です。

金峰山と書いて読み方が山梨呼びと長野呼びの2種類があることは、すでに登山趣味の方は良く知っていらっしゃると思います。これから登山を始めようという方は、知っているだけで少し登山への造詣を深めることになるかと思います。

読みが二通りあることは私も知っていましたが、恥ずかしながら正確な読み方は今、知りました!「きんぷざん」だと思っていたんですねぇ。正確には「きんぷさん」。山梨県公式観光情報サイトにて確認しました。

誰かが「きんぷざん」と呼んでも多分私は気づきません。しかし私個人的には、このブログを書くという動機のおかげで一つ知識を得ることができました。

そして山梨県公式観光情報で「きんぷさん」と確認をしたら、気になるのが長野側の公式読みですね。長野県公式観光情報サイトを見てみます。

きんぽうざん」と書かれています。こちらは「ざん」と濁ります。ちなみにみんな大好きウィキペディアでは、「きんぽうさん」と濁っていませんが、ここは長野県の顔を立てて「きんぽうざん」と私の中で公式とさせて頂きます。

どちらも共通して言えることは、山梨側では「長野県ではきんぽうざんと~」、長野側では「山梨県ではきんぷさんと~」と言わないところ。地元のこだわりを感じます。

さらに些末な情報をお届けします。金峰山山頂直下にある独特な形状の石、というか岩。これは山梨県も長野県も共通して「五丈岩(ごじょういわ)」と呼んでいます。しかしながら、私がコースを確認する登山サイト「ヤマレコ」では、「五丈石(ごじょうせき)」と書いてあり、後に出てくるコースマップには、すべて「五丈石」で画像をつくってしまいました。こちらは「まぁ別にそういう呼び方もあるし、間違っていないんだろ?」という気持ち3割、「直すの面倒くさいな~」って気持ち7割で、そのままにしておきます。

さて、そもそも私が金峰山を知ったのは、登山0年目の立山へ行った後「早く山登りたいのに、初心者お断りの冬になっちゃった。キー!」と悶々としていた時期。百名山だから知ったというだけです。その後、テレビの「実践!日本百名山」で金峰山を回を見たとき、工藤夕貴が「私、登りました~。町からも特徴的な岩が見えて~」なんて話をしていました。それを見た私は「何度か山梨に行ったけど、そんな特徴的な岩のある山なんて見たことないぞ」と感じた記憶があります。

そのくらい、山を知りませんでした。

今回は本当に随分と些末なことからスタートしてしまい、参考にならずにすみません。登山1年の私がウィキペディアノールックで金峰山に対する情報をまとめると、「信仰の山・昔は水晶が取れる水晶峠があった・奥秩父の西端」程度。そのうち、信仰の山として修験者が宿坊としていた場所が現在の御室小屋跡。その古道は水晶峠を抜けて地図でみると下である南に抜けますが、山頂から水晶峠手前で地図の右に逸れるとアコウ平。一般登山道ではなく破線ルートです。今回はこのルートを旅の目的とします。

アクセス

アコウ平(アコウの土場)から破線ルートはスタートします。しかしグーグルマップでは出てきません。大弛峠へ行くまでの道の途中、左側に10台ほど止められる広場があります。トイレはありません。自販機もありません。

アコウ平・大弛峠まで

大菩薩嶺でも利用した栄和交通のバスを利用しますが、最寄り駅は塩山駅で、完全予約制です。乗り換えがあります。

塩山駅北口から45分で柳平バス停。ここで乗合タクシーに乗り換えて登山口を目指します。予約時に「アコウ平で降りたい」と言えば、そこで降ろしてもらえました。

私は予約を電話でしましたが、栄和交通のサイトでもできます。

運行時刻表は28年6月1日改正

最新の情報をサイトからゲットしてください。

一番早いスタートで9時。今回は小屋泊まりで余裕があるので、9時半のバスに乗り、11時スタートとしました。

コース

地図の緑のライン、旧古道の表参道コースは、アコウの土場(アコウ平)から登ります。しつこいですが破線ルートです。

大弛峠からスタートの場合、すでに標高が2362mあるので、頂上の標高2599mまで250mほど。東京タワーの高い方の展望台まで登る感じですね。スカイツリーなら、低い方の展望台でも350mあるので、まだまだ足りませんが、こっちは階段で登れないのでつまらん。本当につまらん。

今回とはまったく関係ありませんが、大弛峠で自転車をデポすることはできるのでしょうか? もし可能なら、大弛峠にデポした後、アコウ平まで車で戻り、そこから周回して大弛峠から自転車でスイ~っと。あ、なんか楽しそう。

さて、表参道コースですが、前半は御室小屋跡まで沢に沿って進みます。渡渉は1カ所。あとは涸れた沢を横切ったり登ったり。後半は一転して尾根を進みます。五丈岩を目指してひたすら登ります。登りきったら「初めまして長野側」って感じになり、山を越えて金峰山小屋へ下ります。

出発時刻/高度: 11:00 / 1950m   到着時刻/高度: 15:10 / 2438m   合計距離: 3.95km   最高点の標高: 2573m   最低点の標高: 1797m   累積標高(上り): 849m   累積標高(下り): 365m

アコウ平の場合は1943mスタートですが、スタート直後から150m下ります。高層マンションの50階くらいですね。そこからじわじわと御室小屋跡までスタート地点程度まで標高を戻した後、一気に550m登ります。わくわくします。一体どんな急登が待ち構えているのでしょうか? 距離にして1.5kmの間に500m超の登り。身近なところでいうと、30m進んで10m。25mプールのプールサイドの端から端まで行く間に3階に登る。軽自動車(大体3~4mくらい?)の前からよじ登って屋根(1.5mくらい?)に立つ感じ。そう考えると、延々とよじ登るコースっぽく感じます。

【コースタイム】11:00 アコウの土場 – 11:35 1800m地点 – 12:15 御室小屋跡 – 14:25 金峰山 14:55 – 15:10 金峰山小屋

山頂で30分休憩しても、4時間10分。しかし油断はできません。御室小屋跡から2時間は、軽自動車よじ登り祭の予感ですから。

破線(点線)ルートの私的解釈による説明

破線ルート:登山道の一種。登山地図を見ると、登山道は実線ルートと破線(点線)のルートがある。破線ルートは実線ルートよりも道が分かりづらかったり、ほぼ廃道状態であったり、基本的には「あぶねぇからシロートはやめておけ」というルート。穂高のジャンダルムなんかは危険で、初心者がいるだけで回りも迷惑という意味だが、今回の金峰山表参道コースは「もうあんまりこの道使っている人いないんすよー」って感じの破線ルートであり、一概に難易度で分かれているわけではない。ハシゴや鎖のあるルートもあれば、そうでもない道もある。したがって、至れり尽くせりの整備がない「昔ながらの道」という表現を私はしたい。しかしながら実線ルートより、難易度は変わらずとも危険度は高いので、それなりの注意は必要。保険の種類によっては、一般ルートでの事故はカバーするが、破線ルートは対象外なものもある。

直登こそ美しい

最初は普通に大弛峠から行こうと思っていました。実線ルートですし、尾根歩きも気分良さそうだし。でも五丈岩の真裏に出るルート、気になって調べてみました。さまざまなブログを読んでみました。

破線ルートとは言えリボンの目印もこまめにあり、特に難しい部分もなさそう。ただし私は初心者なので、ベテランによる「難しくない」という意見には相当フィルターをかけて解釈し、検討し、いろいろ考えました。

「ここは直登こそが美しい。これが俺のルートだ」

神々の山嶺(上) (集英社文庫)

今回は破線ルートで登ります。ただ、今度は普通に大弛峠からのルートも歩きたい。大弛峠も魅力的。スキップしながら頂上までいけそう。まぁ普通に歩くと思いますけれど、きっと脳内ではスキップしまくりの気持ちよさそうな道ですよ。

しかし、初めての金峰山を考えたとき、直登の破線ルートに心を奪われてしまったのです。


金峰山登山

「もう梅雨は終わった?」という感じの天気のいい7月17日土曜日。朝ゆっくり出発します。塩山駅にコンビニがあるのか分からなかったので、2Lペットボトルの水をザックにいれました。電車に乗っちゃえば背負わなくて良いですからね。

わくわく登山口まで

7時前の電車に乗り新宿へ。あずさ51号に乗り、塩山駅に向かいます。

8:49 塩山駅に到着。あんまり登山者はいない感じ。バスの時刻9:30には早いのですが、乗り換えなしで特急で来たかったのでこんな時間になりました。

9:01 一旦、逆側のロータリーに出ましたがコンビニはなし。戻ってキオスクでタバコを買い、北口へ下りると武田信玄公が鎮座していました。

9:15 待ち飽きてバス停へ。よその人のザックが1つ。

9:19 バスがやってきました。完全予約制で、名簿と共に名前を呼ばれます。乗客は私含め3人。名簿は4人。1人が遅刻したようですが、待つことなく出発しました。

9:44 山が見えてきたけれど、雲がモクモクです。

9:48 ザ・山梨を感じるブドウ畑。のどかな道を通ります。

10:15 ダム湖です。乙女湖です。

10:17 柳平に到着しました。ダムを見に行きたいけれど、ちょっと遠い。

柳平にはジュースの自動販売機はあります。トイレもありました。コンビニはありません。

あと、分校もあります。門が閉まってますが、その脇に壁はなく入り放題でした。

この分校はもう廃校なんでしょうか。校舎はキレイなんですけれど。

10:24 乗合タクシーがやってきました。これに乗り換えます。私含め、3人で乗り込みます。運転手さんが「一人、途中で降りるんですよね~」と言うので返事をしました。おじさんが一人、「そこに何かあるんですか?」と言うので、「破線ルートで登ってみようかと思ってんすよ~、えへへへ」と答えました。

10:46 アコウの土場(アコウ平)に到着。地図にはアコウの土場と書いてあったり、アコウ平とか書いてあったり。このミラーポストにはアコウの土場と書いてありました。

おじさんたちから「気を付けてね~」と声をかけられながら、タクシーを見送ります。おじさんたちは、大弛峠から金峰山に行くそうです。

 

ドキドキ破線ルート。御室小屋跡まで

10:54 駐車場の奥に入りスタート。ここにはアコウ平って書いてありました。ちなみに登山届を出すポストは見当たらなかった。だから出してません。すみません。

序盤は平坦というか、やや下りの歩きやすさ満点の道でした。

11:12 たまーに木に標識がある。で、よく見る。不安だから。

おっと、ここで右だと? 

よしハンドルを右に!

これが登山道なのか~。さすが破線ルートだぜ。

11:20 沢だ!

写真を撮りながら思う。橋がないなぁ。

11:29 沢に来てから9分間。しかし体感では20分くらい悩んでた気がしました。どこかのブログに「増水していたら引き返す」とか書いてあった記憶があったもので。

実際水の流れは、私が行った日に限ってですが、それほどでもありません。しかし一歩で跨ぐことができないという現実。勢いつけて足を出したら滑るんじゃないか? 転んだらカメラが壊れるんじゃないか? そんな思いがグルグルと頭を巡ります。

多少の勇気と体を支えたポールによってクリア。

立山に行く前に買ったポール。モデルチェンジでもう売っていませんが、今では私の必需品。

越えてしまえば本当に何でもない。戻れと言われれば戻れるくらいなんでも無かった。でも最初は怖いものです。体感20分っていうのは、渡渉してから余裕かましていた時間を含めたからかもしれません。

11:51 渡渉したあとも、いくつか涸れた沢を横切ります。

11:54 そして涸れた沢を超えると、大体リボンがばんばん目に入ってくるので、不安にはなりませんでした。

11:55 ただ、残り何キロなのか、クイズ形式なのは勘弁して欲しい。

道は本当に分かりやすいし、言うほど荒れてないし。実線と違うのは、沢に橋がないだけなんじゃないか?

12:08 御室小屋跡に到着。つい最近まで建物があって解体したような現場でした。ここでお昼ご飯のおにぎりを食べましたが、虫がすごく多かったです。

いざ山頂へ。

 

12:24 おにぎりを食べた後、水筒に水を補給。虫よけジェルを塗って出発。

12:25 何が驚いたのかって、登山者しか来ないようなところが「やまなしの森林100選」とか。森林マニアは来るのでしょうか。

12:32 ハシゴがありました。ここを登ると・・・。

12:36 おぉ! これこれ。他の人のブログで見た一枚岩。ちょっと濡れてますが、岩から水が染み出てる。石清水&レモンの石清水って言葉を思い出しましたが、多分イメージ的に「岩(に)染(みる)水」って解釈したからだと思います。

12:38 ここであたりを見回す。進行方向左(西)側。

真後ろ(南)。

12:38 ここは一つ登るごとに感動っすよ。

12:42 岩が手前、真ん中、奥とあります。一番奥が五丈岩。

12:43  ホシガラスですねぇ。ピントを合わせ切れない。

13:02 岩を越えるとハシゴ。そしてまた岩を超える。楽しかったなぁ。

13:12 存在感バッチリな岩。

この岩には名前がありました。片手回し岩。修験者は修行によって回した気持ちになったのかもしれない。

13:22 崩落した部分もありました。

落ちたら真っ逆さまです。

しかしロープが張ってあるので、山側を気を付けて通れば大丈夫。

13:35 看板は相変わらず読めない。とりあえず甲府市なんだ。

13:49 いちいち振り返ると達成感を感じる。何も達成していないのに。

この後、10分くらい休憩を取ってます。景色も良くてノリノリですが、疲れていたんでしょう。14:07に再出発。

14:10 ここ鮮明に覚えてる。真っすぐした急斜面で「あそこまで登んのか~、つれぇ~」って思いながら下を向いて歩き始め、気が付いたら登り切ってたところ。

この時から「無理だろ~」って思っても、歩みを止めなければ必ず先へ進んでいるって教訓を得ました。

14:16 ハイマツの松ぼっくりが可愛かったから撮る。結構な枚数を撮ってたみたいですが、ほとんど手ぶれ。気分は乗ってたけれど、体はギリギリだったんだと思います。

14:37 もうほぼクライマックス。岩石ハイマツゾーンに突入。

右(東)を見ると、大弛峠から続く稜線。写真やや右にせり出したピークは、場所的に鉄山じゃないかな。

14:39 雲に霞んだ五丈岩が見えてきました。

何度かリボンを見失い、歩く道が分からなくなってしまいました。下を向いてハァハァ言いながら登って、顔を上げたらリボンが見えない。その時は素直にもどったり、遠くにリボンを見つけたらそこへ向かうのに無理やり歩いたり。(登山道以外を歩くと植生が(ry)

14:56 白い苔。これはなんだろう。ググると・・・舌を出した写真がいっぱいで調べるのを諦めました。

 

15:01 振り返ると雲の流れが変わっていました。富士山も見えます。

 

15:08 もうすぐ五丈岩。しかし一歩進んでは立ち止まり、そしてまた一歩、という感じで進まない。

15:18 10分経って五丈岩の裏へ。やっと登った!。

そういえば、ここまでですれ違ったのは4人。岩石ハイマツゾーンの序盤で小学校高学年ぐらいの女の子とお父さん。その後10分くらい後に、その妹と奥さん。お父さんとお母さんは若くて爽やかでスポーティーで素敵でした。

一番奥は国司ヶ岳かな。で、その手前の見えない部分が大弛峠で、朝日岳、鉄山って続く稜線。今度はこっちも行ってみたい。

15:22 富士山に祝福されている感じが何とも言えませんでした。

15:24 五丈岩で遊んでいる人。一人は一番上まで登っていました。

この石板は、五丈岩のところにあります。山頂ではありません。標高が2598mとなっています。山頂の標高には1m足りません。ここは山頂ではない!

五丈岩で相当達成感がありましたが、まだ山頂へ行かなければならない。

   

15:30 5分ほどで山頂。ここまで、防波堤前のテトラポットの上を歩くような感じで岩の道を歩きます。なかなか足場は不安定。写真左手前の材木の上にカメラを乗せて記念撮影。落としたらカメラは破損する状況です。

15:36 コースタイムを30分以上オーバーして金峰山に登頂。

金峰山小屋へ

15:47 頂上からまっすぐ金峰山小屋へ行く道もありましたが、再び五丈岩へ。これを登りたかった。

ただ、ガスがかかって富士山どころか何も見えなくなっていました。私は途中まで登りましたが、一番上までは上がれませんでした。

15:53 金峰山小屋を目指します。山小屋が見えるはずなのに、ガスで下が見えない。

15:59 道ははっきり。山小屋が見えてきました。

16:11 金峰山小屋に到着。

ここは長野なのできんぽうざんごやです。小屋の人たちはシャイらしく、写真禁止でした。

犬がいます。トイレはめちゃくちゃ綺麗です。

受け付けで明日の予定「5時頃出たいから、朝食はお弁当にして欲しい」というと、小屋のお兄さんが「日の出が5時前だから中途半端だな~」ということで、「じゃあ、4時頃でます」と伝えました。朝食を取っていたら、多分翌日は温泉に入って帰れない。他人よりも遅いので、なるべく早い出発を心がけました。

17:30 夕食が始まりました。ワイン付き。山小屋でこんなに良いもの食えるの!?って感じ。2017年6月現在、私の中での山小屋ランキング1位かもしれない。

そしてお代わりはカレー。食べ放題っすよ。そんなに食うタイプじゃないけれど、何しろ高いクオリティ。

18:30頃 日の入りを見ようと、大勢の宿泊客のみなさんと外にでました。その中の1人は、行きのバスで一緒だったおじさんでした。

ここでみなさんから、いろんな山の経験の話を聞きましたが、私は何一つ話せませず聞き役に回っていました。


初日の金峰山登山を終えて

携帯の万歩計のデータ

9148歩 7.5km

さすがに歩数は少ない。しかし楽しかった。ハードだったけれど楽しかった。

2日目は早起きして、ご来光を見てから瑞牆山へ向かいます。それは次回のお楽しみ。山行のまとめも2日間通してやろうと思います。

金峰山の地図

【season-1:金峰山・瑞牆山~前編~:金峰山編】おわり

2日目の瑞牆山はコチラ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


【金峰山・瑞牆山】SEASON-1:1泊2日のスタートは初の破線ルート。” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です