【乗越浄土】冬季木曽駒ヶ岳は次回持越しSEASON-3


2018年12月25日から翌26日、木曽駒ヶ岳へ行こうとして、乗越浄土まで登って帰ってきました。

天気予報は良かったので安心してしまいました。それでも乗越浄土までは行けたので良しとしよう。星空も綺麗だったし。


山旅のしおり

行程●ホテル千畳敷⇔乗越浄土

全日程:2018/12/25~12/26 1泊2日

同行者:地元のおじさん(他人)

本日のお宿

ホテル千畳敷

ロープウェイの駅に併設している、日本一高所にあるホテル。ここに泊まりました。

12月1日から3月31日までは平日限定のシンプル宿泊プランがありました。

お一人様10,500円(税込・サ込)

このプランの素晴らしい所。

往復バス・ロープウェイ料金込!

さらに! 晩飯(ソースかつ丼orカレー)と朝食(豚汁定食orお弁当)が付きます。

さらにさらに! 山小屋ではなくホテルなので、部屋は個室(テレビ付き)。

さらにさらにさらに! 大浴場完備!

年末のスケジュールなんて知ったこっちゃない。もう行くしかない。とりあえず行っとけ。

そんなノリで決めました。

アクセス

とりあえず、ロープウェーのアクセスを知っていれば大丈夫でしょう。

画像は駒ヶ岳ロープウェーのアクセスページにリンク。

画像はロープウェーと路線バスの運行カレンダーや時刻表が調べられるページにリンク。

路線バスなりなんなり、各自で最新情報を調べましょう。時期によっても料金違うし。

 

ハイウェイバスの飯田・伊那線

夏の女体入口から乗るなら飯田行に乗って中央道駒ヶ根IC前下車

冬の今回は路線バスの接続を考えて駒ヶ根車庫行に乗って駒ヶ根BT下車

行先が違えば止まるバス停が違います

旅の予算

千畳敷まで必ずかかる本来の交通費

2019年3月までの正規の運賃をお知らせします

  • 新宿BTから駒ヶ根BT 3500円×往復=7000円
  • 駒ヶ根駅から1030円×往復=2060円 
    • 女体入口から往復1900円 
    • 菅の台バスセンターから往復1640円
  • しらび平⇔千畳敷 往復2260円(3月まで。4月から2490円)

交通費合計1万1320円宿泊代(冬期は営業しない山小屋で約1万円?ホテルは1.5万円?)

今回の私の主な予算

  • 宿泊&駒ヶ根からの交通=10,500円
  • 新宿⇔駒ヶ根バスターミナル往復 7,000円

17,500円+新宿までの電車賃と、ジュース代くらい

私はモンベルも石井もYAMAPもあるので、ロープウェイは1700円。

駒ヶ根駅からのバスと合わせて往復3760円。

晩飯のソースかつ丼は1000円くらい?

朝飯のお弁当は800円くらい?

プラン料金10,500円-バス・ロープウェイ3,760円-食事1,800円=宿泊料金実質4,940円。

どう考えてもお得。

本日のコース

今回は乗越浄土までしか行けなかった。2日目、木曽駒まで行く予定で、天気も大丈夫だと思って、余裕かましてました。

あら? YAMAPの地図をそのまま貼り付けることができた! これなら登山道が分かるね。

持ち物

ザック(35L)の中身

お菓子(羊かん、ナッツ、ドライフルーツ)、ペットボトルのポカリ、サーモスに入れた温かい紅茶、着替え(帰りのズボン、温泉セット)、替えのグローブ(BDの3本指、インナー代わりの軍手)、バラク、ヘッドライト、ファーストエイド、財布、携帯、携帯バッテリー、カメラ、三脚、ポール、ピッケル、クランポンなど

服装

変態半袖シャツ、長袖アンダーシャツ、フリース、春秋パンツ(mammutクールマイヨール)、防寒タイツ、雪用グローブ、靴下、毛糸のビーニー、グラサン

新しい道具の仲間

MAMMUT EXPERT TOUR GLOVE MEN

毛糸のヒマラヤングローブと防水アウターグローブを八ヶ岳で使ったとき、「いまいちピンと来ないなぁ」と思いつつも、「まぁグローブはあるからね。もう必要ないね」なんて思っていた矢先。仕事で幕張に行ったとき、mammutのアウトレット店に行ったときに発見。

50%offで1万1340円。買っちゃった。

薄いフリース素材のインナーとの二重構造。ただこのインナーはタッチパネル非対応。純正のインナーは大体予備用にして、使用時には石井スポーツで3000円くらいで買ったプロモンテのタッチパネル対応のインナーを使ってます。

MAMMUT Eiswand GTX

11月末、家族で木更津アウトレットに行ったときに見つけた冬靴。なんかアウトレットばっか言ってるなぁ。

前コバが付いたクランポン完全対応とはいえ、断熱材を削って軽量化を図ったもの。

対応温度はマイナス25度。

これも50%off。さらに店内で商品2つ買ったらそこから10%off、3つ買ったら20%offとか。

他にTシャツとビーニーを買って50%offからの20%off

60%off2万1384円で衝動買い。

50%offの値段を見たとき、「どうせサイズ無いんでしょ~?」と思ったらあった。

「どうせ足形が合わないんでしょ~?」と試し履きしたら平気だった。

「クランポンに合わないんじゃないの~?」と店員に尋ねたら、同じの使ってた。

だから買っちゃった。

Sエボだとつま先が沿っているのでクランポンとの間に隙間ができるけれど、これなら大丈夫!


冬開始!木曽駒ヶ岳!

12月25日の朝。我が家のサンタクロースが子どもの枕元にプレゼントを置いた後、大きな荷物を背負って玄関から雪山へ帰って行きました。そういうことにしてあります。

ピストン乗越浄土

10:43 駒ヶ根駅。前回の木曽駒行きはのバスは駒ヶ根ICで下車。今回は駒ヶ根BT。なぜならお店も何もない女体入口バス停で1時間も待っていられないから。路線バスは冬ダイヤ。ロープウェー行の本数は少ないです。

そこで駒ヶ根BTへ。徒歩数分で駒ヶ根駅。「駅なら何かあんだろー」と思ったらスーパーがありました。

朝飯におむすびを3つ。駅前のベンチで一人むしゃむしゃと食べました。

そんなことをしている間にバスが来て出発。登山者は、菅の台バス停から一人乗っただけ。他にはいない。

12:11 ロープウェー千畳敷駅にやってきました。

気温マイナス1度。寒くないです。

12:14 外に出ました。おぉぉぉ、ちょっと草出てる。GWにいたスキーヤーはいない。

この日は昼飯を食べず、すぐに身支度を整えて出発。本当は木曽駒ヶ岳まで行こうと思っていたのですが、

  • 帰りが16時超えるのは遅いんじゃないかな?怒られるかな?
  • 明日の天気予報も良いらしいな?

ってことで、とりあえず稜線の乗越浄土まで行くことにしました。

12:39 上に向かう人、私とおじさんの2人。稜線直下には何人か下りてくる人が見えます。

12:46 雪の岩壁ってかっこいいわ。写真撮りながらおじさんとしゃべってました。おじさんは乗越浄土までで下山して、その日のうちに帰宅。駒ヶ根が地元らしい。

12:57 下山組とすれ違い始めました。みんなすっごい笑顔で「最高でしたよ~」と言うと同時に「これから頂上ですか?(こんな時間からバカか?)」、私「ホテル泊まりなので頂上は明日に、今日はとりあえず乗越浄土まで」なんて話しました。下山組は結構多くの人が尻セードでキャアキャア言いながら降りて行きました。

稜線直下には、終始後ろ向きでものすごい慎重に下りている人もいたな。

13:13 斜面が急になった頃。大変しんどいことは変わりないけれど、2度目の道は余裕があるので最高だ。

もう上には誰もいない。

13:20 南アルプスが綺麗に見える!

13:35 乗越浄土到着。ここから往復2時間で15時半。下りて16時半。実際16時には帰ってこれそうだけれど・・・

  • 明日も晴れるらしい。
  • もし途中で(特に中岳まで)スリップして遭難ってことになると誰にも頼れない

「うん、今日はココまででいいや」

この時はそう思ってました。

ちょっとだけ風があるけれど来て良かった。

伊那前岳方面。ルートはカリカリに凍ってるらしい。

これからもっとエビの尻尾が育つんだろうなぁ。

13:49 稜線の上はちょっと風がある。寒い。写真を撮ってるとき、買ったばかりのMAMMUTのグローブを吹き飛ばしそうになった。ここで下山を決めたので、無風状態だったちょっと下で宝剣岳を見ながら10分ばかり一服。

13:59 太陽が宝剣岳の位置まで下がって来た。下山開始です。

14:04 こんな天気の良い日に景色の良い場所を登山をしていると「綺麗だなぁ」という感情以外、頭の中は考えられない。余計な事を考えないから心が洗われる。

景色が見れず、背中に重力を感じ、黙々と登るときは、大体余計な事しか考えない。ほったらかしてきた仕事のことや過去の自分の反省、そしてエロいことなど。

富士山もクッキリ見えております!

14:17 彩雲が綺麗だったのですが、写真では綺麗に写せなかった。でもおじさんと感動を共有できた思い出がある!

この後、私も尻セード。スピード付き過ぎて普通に滑落停止訓練のようになってしまった。そこで教訓。

  • 尻セード時はクランポンを外そう
  • 尻セード時はなだらかな斜面でやろう
  • 尻セード時はサコッシュとかカメラはザックに入れよう

カメラのレンズは雪まみれになりました。そしてサコッシュに入れていた自宅のカギ。自宅に着いたときに紛失していたことに気づきました。絶対ここで無くしたんだ。

14:26 もう帰って来ちゃった。ここら辺、無駄に足跡のない場所を選んでクネクネと歩きました。

戻りたくないなぁ

星の観察と・・・

夜、星を見ることも泊まりで登山をする楽しみの一つ。

14:50 チェックインしました。個室、暖房、テレビもあります。普通に旅館ですね。

部屋からの景色。すごいね南アルプス。富士山も頭を出してるし。

16:44 昼寝してたら夕焼けでした。

18:04 夕食です。お客さんの半分くらいはシンプルプラン。ただ、カップルも結構います。クリスマスなので。そんなお客さんはちゃんとした夕食で鍋的な何かでした。

星空観察まで喫煙ルームで時間を潰していました。

19:28 あら綺麗。薄曇りですが良いじゃないの。

月はほぼ満月だったのですが、19時前に地平線の下に沈んでいます。

お客さんのほとんどは外に出て星を見てます。すごい撮影装備の人もいました。

19:38 今度は南アルプス川。オリオン座がよく分かる。

1時間ばかり、星を見てました。本当に来て良かった。

だから翌日、このまま下山でもいい。「今回は星を見に来たんだ」。

6:58 朝起きて、部屋から外を見て愕然としました。ホワイトアウト。外に出て千畳敷カールは・・・見えない。

その後、まだ営業していない喫茶店のカウンターでずーっと外を見てました。いくら見ても変わりません。

朝一のロープウェーが来るまで天気は好転せず。

ん~、今回はもうお終い!

8:55 一番のロープウェーで上がってくる人もいましたが、私は下りました。

8:58 しまった! ガスってたのは千畳敷カールだけだったのか!? 後の祭りです。

しらび平駅に到着後、スマホで高速バスを予約します。

10:00 路線バスから高速バスの乗り換え時間はギリギリ。路線バスのすずらん通りバス停から軽く小走りで駒ヶ根BTへ。

10:04 帰りのバスの車窓から千畳敷カールを見ました。私の中の悪が喜んでます。

今日はいつまでも曇ってろよw

自宅に着いたら鍵がない。家に誰もいない。電子キーの再発行に2万円くらい。バチが当たりました。

ごめんなさい。


星を見る旅を思い出して

万歩計の歩数 7571歩 6.34km 449.57kcal 

YAMAPのデータ 

活動時間 02:11:00 移動距離 1.4 km 高低差 223 m 累積標高(登り/下り)232m / 244m 1082kcal

まぁね。全然歩いてないよね。千畳敷カールを上に上がっただけだし。

ホテル千畳敷のシンプルプランは、6月までも若干値段を変えて継続していました。

行く気マンマンだったのですが、結局は行けず仕舞い。

でも手軽ですわ~。本当に木曽駒は手軽ですわ~。

ロープウェー使うから子どもにも良いだろうし、駒ヶ根までバスだと安いし。

広告

【乗越浄土】冬季木曽駒ヶ岳は次回持越しSEASON-3【おわり】

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です