【剱岳】ロード・オブ・ザ・剱岳3/俺の帰還:SEASON-3


2018年9月22日の土曜日から24日の月曜日まで、剱岳へ行きました。その3日目。

家に帰るだけ。ただそれだけなのに、気分はハイキング。


山旅のしおり

全行程●室堂⇒雷鳥坂⇒剣御前小屋⇒剱澤キャンプ場(テント泊)⇒剱岳⇒剣山荘(小屋泊まり⇒剣御前小屋⇒新室堂乗越⇒室堂⇒富山

今回のレポート●剣山荘から室堂までのハイキング

全日程:2018/09/22~09/24 2泊3日

同行者:3年前の自分

本日のルート

オレンジ色のルートが1日目。水色のルートが2日目。マゼンタのルートが3日目。

剣山荘から剱沢経由、新室堂乗越経由で室堂まで標準コースタイム4時間5.9km

最短は剣山荘から剱沢ー剣御前小屋-雷鳥坂-室堂(往路の逆走)で3時間45分。5.6km。

完全に誤差の範囲内です。3年前に室堂から一の越山荘へ行くとき、「直線58分で浄土山経由は1時間50分? 準備運動みたいなもんだろ」と甘く考えて登山の厳しさを思い知らされましたが、今回は本当に誤差の範囲。

ちなみに「剣山荘⇒別山⇒雄山⇒室堂」のコースタイムが5時間16分。6時出発で12時前には室堂に着きます。しかし当初の予定は昨日の帰宅。家庭内での父親に対する心象を考慮し、雄山は遠慮しておきます。

別山から富士ノ折立の稜線、最高なんだけれどね。

富士ノ折立から別山への稜線

ロード to ザ・自宅

剣御前小屋(別山乗越)への最短ルート?

2日前。剣御前小屋から剱沢へ下るとき、谷を挟んで剣御前を巻いて剣山荘へ向かう道が見えていました。なんだかとっても気持ちよさそうだ。

気持ちよさそうな

それに剣沢を通る道よりも近いんじゃないか?

そう思っていた私は、こっちの道を迷わず選択するのでした。

5:17 朝食です。山小屋ではなぜ早起きができるのだろう。なぜ起きたばかりで朝食をガッツリいけるのだろう。

5:55 日の出です。鹿島槍の右側から太陽が昇りました。

6:05 出発してすぐ、あたりが朝陽で赤く染まりました。

6:05 昨日は分岐に気が付かなかったので、いつの間にか剣沢へ行くんじゃないかと心配でしたが、分岐はすぐに分かりました。まっすぐに家に帰るため、ここを右に行きます。

6:23 「おかしい・・・。後ろから来る人が少ない。みんな剱沢に行ってる・・・」と思って地図を見たら、剱沢経由の方がコースタイムが短いことを知りました。

まぁいい。こっちの道が、昨日は気持ち良さそうに見えたんだ。俺はこっちへ行く。

6:26 しばらく行くと、剱沢の方がコースタイムが短い理由が分かってきます。向こうより歩きづらいんだ。

6:40 剱沢キャンプ場の横を通ります。向こうは人が多い。昨日の朝、沢に吹き飛ばされたであろう何かも見えました。

6:42 こっちのルートは人が少ない。後ろを気にして歩く必要もない。そしてチングルマがたくさん。気持ちのいいルートです。

7:00 剣御前小屋が見えて来ました。剱沢経由で剣御前小屋へ向かう人が大勢見えました。「こっちは人が少なくてチングルマが咲いてて最高だぜ」と、つい心の中で張り合ってしまいます。

7:11 剣御前小屋に到着。休憩です。ザックを下ろし、トイレに行きました。

7:15 トイレの後、タバコを吸いながら室堂を見る。2日前よりも紅葉が進んだ気がします。

新室堂乗越から室堂へ

7:25 ここを降りたら剱岳とはお別れ。名残惜しく剱岳を見て、同じように剱岳を見ていた人に写真を撮ってもらいました。2人組の若いお兄さんで、一人は初登山ということでした。

3年前、まさか自分が登るとは思ってもいなかった剱岳。同じ場所からの景色ですが、なんだか少し違うように見えます。

世の男性諸君が感じる「太陽が黄色く見える」という感覚に近いかもしれません。

3年前の剣御前小屋での写真

あの頃の私は、「乗越(のっこし)」って読めなかった。上着を着たり脱いだりするタイミングも分からなかった。歩く場所も正しいのか不安に思っていた。そして剱岳方面からやってくる人たちが眩しかった。なんかすごいことをしている人だと思っていました。

7:27 30分ほど剱岳の余韻に浸ったあと、次へ進みます。雷鳥坂ではなく新室堂乗越へGO!

7:28 昨日、一昨日の快晴とは打って変わり、今日は曇り模様。雲間から射す光が大日岳を照らします。

7:35 雷鳥坂の登山道からは決して見ることの出来ない景色。雄山も浄土山も、遠くは薬師岳も。

7:42 地獄谷もよく見える。そしてまた気付いたことがある。

やっぱりこっちの方が歩きづらい。

雷鳥坂よりも歩く人が少ないからでしょう。

7:57 再び歩きづらいことに気がついたとき、またもや目の前はチングルマ天国でした。

8:06 ずっと尾根道なのかと思っていたのですが、ここから室堂側の斜面をつづら折りに下ります。そしてここで日本海側の景色とはさよならです。

8:08 きっと7月から8月頃は、チングルマの白い花でいっぱいなんでしょう。

8:10 雷鳥沢のキャンプ場に浄土川にかかる浄土橋も見えます。

良く見えます。120mm。俺のレンズ(レンズキットの24-120)最大の望遠。

8:14 そろそろ新室堂乗越ってところで道が開けた。

8:17 ケルンがありました。そこに道がありました。素直に進みました。

8:18 そしたら新室堂乗越をショートカットしてしまいました。

「あれ~?」なんつってあたりを見回していると、下から小学生高学年くらいの男の子とお父さんだかおじいちゃん。男の子が「ここら辺に山小屋はありますか?」って・・・。

8:20 振り返って稜線の先を指さして、「あそこまで行かないと山小屋ないよ」と教えてあげると、男の子は黙って進んでいきました。その後、お父さんが「剱岳は見えますか?」と言うので教えてあげました。

きっと男の子は、「こんなに登るなんて聞いてない!最悪だ!」って思ってたんだろうなぁ。

8:31 ほぼ高度が下がったところから木道です。たまーにすれ違うハイキングの人がいます。道を譲れるスペースが所々にあります。

8:36 浄土川まで下りて来ました。夏真っ盛りなら、靴を脱いで足を川に突っ込んでみたい場所です。

8:38 雷鳥坂との合流地点。道行く人が増えました。

8:40 写真を撮るため、道を譲られたばかりの人に再び道を譲る気まずさ。

8:43 うん、やっぱり一昨日よりも紅葉が進んでいる気がするけれど、曇り空だからなのかもしれない。

2日前の様子
3年前の様子

8:44 雷鳥沢キャンプ場で10分ほど休憩。ここでも3年前の思い出に浸りました。満身創痍でここに到着し、みくりが池温泉に電話で「予定の時間にはとてもじゃないけれど着きません」と言っていたあの頃を思い出して。

ここを出発したら、立山で最も難易度が高いという声もある石段の道です。覚悟を決めて出発。

8:59 速攻で休憩。地獄谷温泉ビューのベンチに座りました。

9:06 まだ先は長いはずなので出発します。

9:07 目の前の大行列よ。

9:19 行列はなんとな~く抜くことができ、なんとな~くみくりが池温泉近くの地獄谷まで。

やはり一度通ったことのある道は短く感じる。

家路

9時半には室堂バスターミナルに到着。美女平方面へのバスは行ってしまったばかりでしたが、次は10時ということで、家族や会社へのお土産を買ってからバスの列に並びました。

9:48 余裕でバスに並びました。

そして失敗。行きと同じ左側の席に座ってしまったため、バスの右側に見える剱岳や称名滝は、よその人がもれなく写真に写ってしまいました。

10:06 かろうじて弥陀ヶ原の紅葉をガラス越しに撮影する程度。ガラスの青っぽさを抜いたら、ちょっとわざとらしい紅葉色になってしまった。

10:55 ケーブルカーまで急ぎながら勘でシャッターを押す。ここでも失敗!

つい、座れるタイミングだったので座ってしまったが、ベストは席の無い最前列で立ちながら運転席を見るのが一番楽しくて、苦しくなかったかもしれない。座る人はザックを抱えないといけないので。

11:08 立山駅に到着。

11:10 立山から富山まで、レッドアロー型の電車に座れるとは思わなかった。すごい嬉しい。

3両編成で、真ん中は売店完備のラウンジみたいな車両でしたが、なんか空気がムッとしたので普通の座席に座りました。特急ではないので特急料金は不要です。

電車からの車窓。ゴツゴツした剱岳を見つけると、自分が昨日、あそこのてっぺんに立っていたことが信じられません。

電車の中ではえきねっとで新幹線の空席をチェック。日曜の午後なので、空いているわけがない。

途中、富山駅到着から2時間後のはくたか(かがやきではない)のグランクラスに空きが出て、一瞬迷いましたが運賃が倍以上であることを知って当然スルー。諦めて自由席にします。

自由席があるのは「はくたか」だけ。いろんな駅に止まります。

ただ、ラッキーにも座って帰れた。

はくたか自由席

●一つ目のラッキー

ホームでの列は前に4人。並んだ車両は、座席が多そう(車両の両サイドにトイレとか設備がない)な2両目の進行方向後ろに並びました。

新幹線が入線。車内を見ると、所々にある空席。乗り込む乗客は車両の奥へ。

私は入線時に車両最後列2列席の通路側に空席確認。すかさずゲット! 座席の後ろのスペースにザックを置ける、一番ねらい目の場所に座れました。

●二つ目のラッキー

窓側の人が飯山駅で下車。窓側ゲット!

●三つ目のラッキー

はくたかは各駅停車だと思っていました。しかし私の乗ったはくたかは、長野まで各駅。その後は高崎、大宮、上野、東京。軽井沢とか通過でーす。

長野でがっつり乗客が乗り込みました。立ちの人も大勢です。富山からだと意外と座りやすいのかもしれない。

富山飯

富山駅到着後、新幹線まで時間があるので昼飯を食べたい。

白海老は初日に食った。そしたら次は、富山ブラックしかないだろう。駅ビルに入っているお店に行きました。

西町大喜 とやマルシェ店

富山県富山市明輪町1-220 きときと市場 とやマルシェ

営業時間 10:00~21:30(L.O.21:15)

日曜営業

定休日 無休

  • 中華そば 小(並) 750円
  • 中華そば 大  1120円
  • 中華そば 特大 1500円
  • ライス  160円
  • ライス小 120円

ここのラーメンはおかずです。カウンターにあるお店紹介に、そう書いてありました。

しょっぱいよ。すごくしょっぱいよ。


剱岳登山を振り返る

万歩計の歩数

  • 9/22土曜日 自宅~剱沢 1万2920歩
  • 9/23日曜日 剱沢~剱岳~剣山荘 1万2750歩
  • 9/24月曜日 剣山荘~自宅 1万6327歩

YAMAPのデータ

  • 活動時間29時間16分
  • 活動距離15.26km
  • 高低差724m
  • 累積標高上り/下り1,608m / 1620m
  • カロリー7960kcal

今回の収穫と反省

終始、3年前の自分を思い出していました。いつか剱岳に登りたい。そう思って今まで経験を積んできました。私はとうとう3年目で登ってしまいました。

当然、3年もかからず、わずか数回目の登山にして剱岳に登ってしまう人もいるでしょう。逆に「初心者の分際で。もっと経験を積んでからにしろ」「お前みたいなやつがいるから、毎年事故が起こるんだ」というご意見もあるでしょう。

剱岳登山中は、想像以上に怖さに驚愕の連続でした。常に頭の片隅で「次は子どもと一緒に行ける登山にしよう」と考えていました。

そんな場所でありながら、想像以上の怖さを遥かに凌駕する、心が震える感覚。単に「楽しさ」や「面白さ」というのとは違う。怖さも楽しさも感動も、すべてひっくるめた感覚がありました。何と言って良いのか分からないので、「楽しかった」と言うことにします。

登山道は今までで一番険しかったと思います。テントポールが折れて、心も折れる出来事もありました。それでも今までで一番楽しい登山でした。

さて、大きな目標であった剱岳に登ってしまいましたが、これで興味がプッツリ、と言うことではありません。剱岳に限って言えば、夏の早い時期に行きたいし、剱岳からよく見えた後立山にはまだ行ってないし、北アルプスの奥部もまだ。そもそも南アルプスはどこへも行ってない。さらに去年の八ヶ岳で始めた雪山も、私の行けそうな場所を探してみたい。

そして私を富士山へ行く機会となった御嶽山。剱岳から帰った後の9月26日から10月8日までの2週間だけ剣ヶ峰までの規制が緩和されました。私がそのタイミングで行かないでどうするよ!

追伸

テントポールは、ぽっきり折れたジョイントの1本(550円だったかな?)と、切断された中の紐(80円@1m×3m)を交換。800円程度で簡単に直りました。

【剱岳】ロード・オブ・ザ・剱岳3/俺の帰還:SEASON-3 おわり

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です