【八ヶ岳】SEASON-1:南八ヶ岳縦走2泊2日の旅ー0~1日目ー


山登りを始めた初年度の総決算として選んだ場所は八ヶ岳。2016年10月14日(金)から16日(日)の2泊3日の行程ですが、初日は山小屋まで1時間ほどしか歩いていないので、気分的には2泊2日という感じ。この2日間は1年間を締めくくるには最高で、どっぷりと山の魅力を感じることができました。

「コケとか森とか牧場とかレタスとか・・・」という偏見。行ってみたら変わりました。


山旅のしおり

行先●八ヶ岳

0日目:夏沢鉱泉(なつざわこうせん)まで

1日目:硫黄岳(いおうだけ)、横岳(よこだけ)、赤岳(あかだけ)

2日目:権現岳(ごんげんだけ)

ルート●

0日目:桜平―夏沢鉱泉

1日目:夏沢鉱泉―夏沢峠―硫黄岳―横岳ー赤岳ー赤岳頂上山荘

2日目:赤岳頂上山荘―赤岳―(赤岳キレット縦走)―権現岳―観音平

日程:2016年10月15日土曜日の昼~17日月曜日(2泊小屋泊まり)

同行者:稜線を漂うさわやかな風

行先を決めた理由:1年目の総決算にふさわしい場所。行ったことのない山域。稜線を歩きたい。

主な持ち物

着ているもの:アンダーシャツ、フリース(パタゴニアR1)、ズボン(アークテリクス、ペラッペラのガンマLT)、タイツ(cw-x)、帽子、グローブ、ストック、サコッシュ(お菓子300円以上、地図)

ザック(グレゴリースタウト35L)の中身:ハードシェル上下、ヘルメット、ダウンジャケット、ハイドレーション、ナルゲンボトル、お着換えセット、カメラ(ニコンD7000)

八ヶ岳と私

八ヶ岳は日本百名山。最高峰は赤岳の2899m。「ニャークック」と覚えましょう。

八ヶ岳という名前の山ではなく、いくつかの山をひとくくりにして八ヶ岳と呼ぶことは知っていました。で、山が8つあると思っていました。これは間違い。

メジャーところでは、南八ヶ岳で硫黄岳、横岳、赤岳、権現岳、そして登っていない阿弥陀岳、西岳、編笠山、峰ノ松目。いちおうこれで8つ。北八ヶ岳に目を移すと、天狗岳(西・東)、根石岳、北横岳、縞枯山などが、何を見ないでもポンポンと言えるようになっています。まぁ、個人的にインパクト大な名前は、「ニュウ」でしょう。

決して「ニュウ山」や「ニュウ岳」、「ニュウ峠」ではない。いつか行くべき場所。それが「ニュウ」である。

ひょっとしたら「乳(にゅう)」かもしれない。それならむしろ、今までの八ヶ岳のイメージに近い。

八ヶ岳といえば牛。ホルスタイン。至る所で「モォ~」って鳴いている。確かに八ヶ岳にはそんな側面もあります。

実は今回の山行の前の週。八ヶ岳へ行っていました。3世代家族旅行ってやつです。

牧場行って、馬を見て、ソフトクリーム食べて、ホテルのバイキングを楽しんでいたわけです。いい天気なのに。

オレは何をやっているんだ

当初、8月に決定した時点での予定では、さらにその前の週の10月1日が3世代家族旅行の日。私はそこへ南八ヶ岳縦走した後に合流する予定。そのときは「9月には穂高行って、その次に八ヶ岳。しめしめ」と思っていたのですが、9月は台風で穂高に行けず、そして前の週になって姪が「この日、運動会だった。ゴメリンコ」とリスケされてしまい、そこから日程をやりくりし、穂高はバスが取れず見送ることとなり、意地もあったりして2週間連続の八ヶ岳にしました。

念願の穂高は翌年に実現。

アクセス

八ヶ岳登山の一般的ルートは、美農戸口から地蔵尾根や文三郎尾根を経て最高峰赤岳らしい。

しかしその美農戸口へ行くまでのバスが・・・だるい。希望としては、できれば麦草峠から、妥協しても硫黄岳の爆裂火口は見ておきたい。すると美農戸口からではない登山口から・・・。

で、見つけました。送迎のある山小屋を。

例えば唐沢鉱泉。日本の秘湯を守る会の宿。立派な旅館で天狗岳も行ける。

ただ、私が選んだのは夏沢鉱泉。

加藤文太郎の「単独行」によると、当時は無人の宿だった夏沢鉱泉。向かう途中、「夏沢温泉はこっちですか」と聞いたら「温泉じゃなく鉱泉だ」と怒られた夏沢鉱泉。カチカチに凍ったカマボコを食べた夏沢鉱泉。うろ覚えながら、単独行を読んだ記憶が強く、迷うことなく「夏沢鉱泉」を選びました。

お昼の13時に特急に乗り、15時半頃に茅野駅到着。すると夏沢鉱泉の人が迎えに来てくれます。桜平からは徒歩30分です。

今回のコース

「あれが八ヶ岳だぁ」と見える大部分を歩くコース。紙の地図で見ると赤岳は南の端っぽいのですが、真ん中にある感じ。その横のザックリとえぐれた部分が八ヶ岳キレット。信州山のグレーディングでD難度。初めてのD体験です。

最初はオレンジラインのわずか1km、30分です。桜平はバス停がないので、マイカーか送迎か、もしくは歩くしかない。

1日目はレッドライン。八ヶ岳の美味しいところです。宿泊を風呂のある赤岳天望荘(展望じゃないので変換がめんどくさい)も検討しましたが、折角なら頂上で景色を堪能したいので赤岳頂上山荘を目指します。「おりこうと煙は高いところが・・・」とも言うし。

2日目はパープルハイウェイ。美濃戸方面に下る人が多いらしいのですが、初心者には畏れ多い「キレット」と呼ばれる部分への興味がそそる。そそりすぎて権現岳、編笠山は、初心者の分際で格下に見てしまい、結果的に編笠山はスルーしてしまったことが悔やまれます。

桜平から夏沢峠のある「山びこ荘」までほぼ同じ勾配。登った感じがしない程度でした。約3.5kmで500m程度ですからね。

山びこ荘から硫黄岳はグッと標高を稼ぎます。が、左を見れば爆裂火口。後ろを向けば緑の森。登りの辛い記憶はなく、頭の中で感動の雄叫びを上げながら登っていた記憶しかありません。

硫黄岳からは赤岳までの稜線が大体見えます。下りはスキップ状態。横岳への登り返しは「お!ハシゴ!」と楽しんでたら、いつの間にか横岳頂上です。

その後もハシゴなり鎖を楽しみつつ、景色に目を奪われつつ、トコトコ歩いていると赤岳天望荘。ここから赤岳への登りは急でした。これまでの疲労が一気に自分へ襲ってきますが、一歩一歩踏みしめれば赤岳南峰の頂上山荘。最高峰北峰は5分です。


南八ヶ岳縦走2泊2日 0日目

13時ちょうどの、あずさ17号で、私は私は新宿から旅立ちます。

ワクワク夏沢鉱泉まで

土曜日とは言え、真昼間にザックを背負って電車に乗るのは恥ずかしいんじゃないか?

そう思っていましたが、もうあまりそういうことは考えないようになっていた自分に気づきます。

シーズン序盤の丹沢とか大菩薩嶺とか、結構気にしながら電車に乗っていた記憶が蘇ります。

15:24 13時ちょうどの~あずさ17号は~、15時15分に茅野駅に到着。タバコゾーンでタバコを吸っていたら、夏沢鉱泉の人が声をかけてくれました。

15:27 この日のお迎えは私とおじいさんの2人でした。

16:21 桜平で乗客は降ります。ここ以降は法律によって乗客は乗っちゃダメなんだそうですが、ザックは宿まで運んでくれます。手ぶらで夏沢鉱泉に向かいます。

16:44 何も期待していなかったのですが、この30分の散歩、良かった。ゴールである夏沢鉱泉までの近さによる安心感が、周りの自然に目を向けさせてくれます。

16:47 夏沢鉱泉に到着です。

正直言って桜平から歩くとき、「最後まで乗せて行ってくれても良いじゃん」と思いました。今思えば、むしろ歩いて行きたい。ご褒美のような、デザートのような、30分の散歩でした。

夏沢鉱泉での過ごし方。

案内された部屋は横岳。

八ヶ岳の山を私の独断のイメージで打順にすると

  1. 権現岳(一)
  2. 編笠山(ニ)
  3. 硫黄岳(左)
  4. 赤岳(右)
  5. 横岳(中)
  6. 天狗岳(遊)
  7. 根石岳(三)
  8. 中岳(捕)
  9. 阿弥陀岳(投)

    中継ぎ・ニュウ 抑え・北横岳

こんなイメージ。横岳は.280(38本)が期待できそうなクリーンナップ。

そんな部屋に一人です。富士山の山小屋のトラウマから、立山の一の越山荘、みくりが池温泉、金峰山小屋、蝶ヶ岳、大天荘と経て、山小屋に対してのイメージが急速に改善されつつあります。

心残りは、夏沢鉱泉タオルと巾着がお持ち帰りOKなのに忘れて来てしまったこと。また行くしかない。

夕暮れの北アルプス。穂高から槍まで綺麗に見える。えぐれているところが大キレット。

いつまでも見飽きない綺麗な稜線。実は最初、外で見ていたら、2階の角の部屋のおじさんが「ここからよく見えるよ~」と言われ、部屋から見せてもらいました。

おじさんはこの景色を目的に、予約時は角部屋を希望しているらしい。部屋の名前は・・・見忘れたなぁ。やっぱ「赤岳」なのかな。

晩飯は名物の牡丹鍋。猪肉に火が通ってしまって写真の色合いがアレ。

こういうところで食う飯はなぜうまいんだろう。食後にデザートが選べて、たしかシャーベットを食べた記憶。

そして夏沢鉱泉。誰もいない。

だから入浴シーンも撮影することができました。

夕焼けの北アルプスを見て、うまい飯食って、鉱泉に入って、星を見て・・・。本とか、スマホとか・・・、いらねぇなぁ。

夏沢鉱泉いいところ。唐沢鉱泉も行ってみたいけれど、夏沢鉱泉はいいところ。通年営業らしいく、冬は桜平からキャタピラの乗り物に乗れるらしいので、まぁ、また行くだろうね。夏沢タオルもゲットしたいし。


南八ヶ岳縦走2泊2日 1日目

いつも布団から出られないのに、山では日の出を感じて目が覚める。なぜだろう。

爆裂!硫黄岳まで

朝6時前に山小屋で朝食。6時30分に外へ出ると、桜平から登って来た人たちが何人か、山小屋の前で支度をしていました。

6:54 沢沿いに歩きます。ちょっと寒い感じで、ハードシェルの中にフリースを着ました。

7:02 オーレン小屋手前。苔がすごくきれいです。ほとんどの山で苔を見るけれど、八ヶ岳はなんか違う。まだ行ったことのない北八ヶ岳は、コケ推しのエリアなので、ここよりもっとすごいんだろう。

7:17 針葉樹が凍ってて、クリスマスツリーみたいになっていました。

7:18 人気の山小屋オーレン小屋はひっそりとしていました。もうみんなスタートしているんだろうなぁ。この時私は、「探さなくてもトイレを見つけたら入っておこう」程度に考えていました。

私から俺にアドバイス。

出発前には予感がなくてもトイレに行っておく。

山の天気と同様、お腹の調子は急激に変化します。オーレン小屋を通過して5分後、急激にお腹が活発な活動を開始。オーレン小屋からCT20分の夏沢峠には山びこ荘と夏沢ヒュッテがある。「20分なんてスグスグ」。そう思いながら、どんどん必至になってきました。

7:46 スッキリしたあとに気が付いた。今日は快晴だ! 

トイレは夏沢峠との合流地点から左にありました。

7:47 八ヶ岳北側の森。綺麗だねぇ。

7:49 しばらく樹林帯を歩きますが

7:53 すぐに景色が抜ける。樹林帯は眩しくなく、ちょこちょこ景色も楽しめるいいバランス。写真の崩れた道は通行止めで、木を気持ち的に一本分入った安全な登山道がありました。

8:20 山頂が近いらしい標識。ここまでずっといい景色。

8:23 2つのピークは西天狗と東天狗だと思う。

8:24 まだ太陽は低いんだよね。

8:31 爆裂火口が目線になってきた。30分前から見えていたけれど、ここら辺から爆裂っぷりを視界ではなく体感。

8:36 あの火口のへりが頂上。

8:39 振り返ったときの達成感がすごい。一分毎に振り返っていたかもしれない。

8:44 硫黄岳頂上。感想は、

広い! てか山! 格好良すぎ!

赤岳の稜線の急角度っぷり。阿弥陀岳の存在感。これには「牛がモーって鳴いて蝶がひらひら」のイメージが完全に破壊されました。

そして頂上の広さ。ここで1000人くらいなら全校朝礼が余裕でできそうです。

爆裂火口の方に近づいてみます。当然、手すりはないので突風に注意。そして登っているときよりも火口を感じました。

「火口すげぇ! 山の形すげぇ!」と、広い頂上を行ったり来たり。地図を出してどれがどの山か見てました。レジャーシートを持ってピクニックしたくなる頂上。

これから下る稜線。なんてなだらかで気持ちよさそうなんだ!

エクスタシーすら感じる稜線。

いつまでも見ていたい。でもその先の景色も見たい。

次の頂上への欲求が高くなるのは、30分近く経った頃でした。

岩を見下ろす横岳まで

9:13 硫黄岳山頂に名残惜しさを感じつつ、

9:14 これから見える景色を期待しながら進みます。

9:19 硫黄岳山荘。ジュースとか買おうかなっと思っていました。

9:21 人の気配がなかったのでパス。

9:37 進行方向右側に、険しい岩が見えてきました。ロッククライミングする人の気持ちがわかる。

9:37 硫黄岳はなんて穏やかな山稜なことか。この裏には爆裂な火口があるとは思えない。

9:44 右のピークが横岳奥の院。人が見えます。てか、富士山も見えます。

9:46 そして阿弥陀の存在感。

9:53 なだらかな道は終わりとは言え、別に難しくはなさそうな道。

9:56 オーレン小屋手前から私がンコをした夏沢峠まで一緒に歩いてた人とすれ違い。横岳のピストンと話していました。

9:56 ちょっとしたハシゴ。

9:57 ハシゴを登ったらこんな景色。どうも「茅野側に切れ落ちた15mほどをトラバースするカニの横這い」という核心部だったらしいのですが、そんな怖い道だったのか、まったく記憶にない。

9:59 またハシゴ。でも夏はこっちじゃないっぽい。

「こっちでいいのかなぁ~。ハシゴの方が登りやすいんじゃないかな~」と進む。

10:02 横岳山頂

白黒つけられない典型的な日本人のような色合いだなぁ。

私のサイズが合うSALE品はグレーしか残ってなかっただけ。決してグレー好きなわけじゃない。

横岳から、赤岳と阿弥陀岳、ちょっと権現岳。

ここでも帰りたくない病。

いつまでも見ていたい。でもその先の景色も見たい。(2回目)

次の景色への欲求が、今の景色の満足感を上回るのに要した時間。今回は20分。ちょっと狭かったからね。

最も高い頂の赤岳まで。

 

10:23 奥の院を下りました。

10:32 三叉峰。杣添尾根(そまぞえおね)との分岐点です。正直、杣添尾根の読み方を知らなかった。

10:34 登り返したら、雲がやってきてた。

10:44 霜柱。撮影後、スタッフがおいしく踏みました。

 

10:46 風が強いと怖いと思う。でも風がなかったので怖さよりも楽しさでいっぱい。

11:01 赤岳どころか天望荘すら見えなくなった。風がないから雲がなかなか移動しない。

11:04 写真で見ると、いやー楽しい道だった思い出しかないです。

11:26 地蔵の頭。地蔵尾根との分岐で、地蔵がいる。

11:31 プロペラだらけの赤岳天望荘。ここでお昼ご飯にしようと、中へ入りました。

ラーメンを食べていると、「今日泊まれますか?」という人がジャンジャン入ってくる。予約いらないのか? で、お風呂があることで有名ですが、「今日はお風呂はありません」と受付けの人が伝えていました。

11:53 赤岳まで最後の登りを開始。CT40分です。

12:15 もう赤岳頂上山荘が見えている。だが近づかない。疲労、いや体力の無さがここで露呈。休憩がてらの撮影が多い。

12:20 阿弥陀までの稜線。これは絶対行きたくなる道だ。

12:22 もう頂上が目の前なのに、1分毎どころか30秒ごとにシャッターを切っていました。

「あの遠くの丸っとした硫黄岳から、歩いたんだな~」って思いながら。

12:29 赤岳南峰。赤岳頂上山荘のあるところです。

しかし! 最高峰はあそこだ!

12:41 北峰の頂上。この写真だけ見るとお墓っぽい。

12:44 八ヶ岳最高峰の赤岳に到着しました。

12:49 北峰からの阿弥陀。北峰の端っこには「ここは阿弥陀方向の道じゃありません」と書いてありました。シャッターをお願いされたカップルに「阿弥陀岳はどっちから行くんですか?」と聞かれましたが、「多分、後ろじゃないっすかねぇ。俺もあっちから来たからわかんない」と答えました。カップルは写真を撮るとき、なかなかノリが良かったのですが、その後別のグループからもお願いされ、調子に乗って3組ほどカメラマンになっていました。

12:49 明日行く権現岳方向。いきなり標高を下げる感じがたまらない。わっくわくで期待大。

13:13 南峰に戻ってきて、今日歩いた道を噛みしめました。

13:15 予約しておいた赤岳頂上山荘に入ります。

13:23 本日の寝床。けっこうビッチリ。

13:35 そしてまたラーメン。

このあとしばらく頂上から景色を眺めていました。いったん、寝床でお昼寝をしていたら、「布団の下が水浸しだ」と隣の人に起こされました。確かに布団の片側が濡れてる。隣の人の布団の下は大体ビショビショで、向こう側の人の陣地まで侵入しそう。多分、隣の人のハイドレーションから漏れたとは思いつつ、ひょっとしたら私の可能性もゼロではない。結局、濡れた布団を二人で干しに行って、新しい布団を用意してもらいました。隣の人と特に険悪な雰囲気にならずにホッとしました。

16:38 晩飯の時間です。まわりは単独のおじさんばっかり。ある一人のおじさんは今までの山の思い出を一生懸命話していました。会話の中で「私、登山初めて1年目です」と言ったら、「大丈夫?危ないよー」と言われてしまいました。「気を付けて行きます」としか言いようがないよな。会話の終盤だったのですぐに解散できてラッキーでした。

17:24 日の入りを見に、ダウンを着て外へでました。乗鞍岳の方に日が沈みました。

18:12 山梨側の佐久市方向。カシオペア座が見えます。

しかし寒い。小屋の中と外を行ったり来たり。ストーブの前はお年寄り独占状態。

外で写真を撮っていると、おばさんが「天の川見えないわねぇ」と言っていたので、「月が明るいっすからねぇ」というと残念がっていました。

18:13 茅野方向。

18:27 赤岳北峰方向。日の入り直後でまだ明るいことと、あまりの寒さにこれで撤収。小屋の前は何人か写真を撮っていましたが、1カ月前の北アルプス同様、若い山ガールが撮影を求める傾向にあるように感じました。立派な三脚までも持っていたし。私はここでも、石の上に直置きです。


1日目までを振り返る

携帯の万歩計のデータ

0日目(2016/10/14 金曜日)   6475歩 5.3km

1日目(2016/10/15 土曜日) 1万4081歩 11.6km

硫黄岳から赤岳の道は最高でした。それと同時に「本当に俺は正規のルートを通ったのか?」という疑問。私の歩いた順番でいうと、横岳の奥の院手前、「カニの横這い」とか「カニの縦這い」とか名付けられた場所があるようなのですが、「何かあったっけ?」という印象。通常、「カニの・・・」なんていうと劒岳をイメージして、それはもう、初心者お断りで間違って来ちゃった初心者が泣きながら停滞するってイメージ。百歩譲って「ちょっと怖いかな」と思えれば「あぁここが核心部か」とも思えますが、それすらない。

そういえば翌日に歩く予定の「八ヶ岳キレット」。キレットと言えば槍穂高縦走路。または不帰キレットや八峰キレットなんかも難易度が高いと聞くけれど、ここもどうなんだろう。

とは言え、茅野側は終始切れ落ちた断崖。風が強いと確かに怖い。

結局この日の良い天候状態に恵まれた結果での感想。次に来た時は、また別のイメージになるのではないかと思われます。

そして、ふつふつと「天狗岳・・・、残雪期・・・、行きたいねぇ・・・」と野望が沸き起こりますが、そのための靴やウェアなどの装備の購入に、まだ踏み切れないのであります。

さて、翌日はその八ヶ岳キレットを通り、権現岳を経て観音平まで。小淵沢から帰宅する話は、また次のお話。

今日の温泉 鉱泉

日帰り入浴は650円で10時から16時まで。私が忘れたタオルも含まれています。

宿泊者だけ、1日2回の茅野駅から桜平送迎の運行予定に都合が合えば利用可能。日帰り入浴・同グループの硫黄岳山荘、根石岳山荘の宿泊者はダメ

宿泊には予約が必要ですって。

冬の雪上車とか、ちょっと乗ってみたいなぁ。

地図とか

地図と登山届はお約束。

牛がモー。ソフトクリームペロペロの八ヶ岳はこっち。

アマゾンってこんなのも売ってるんだな。


【八ヶ岳】SEASON-1:南八ヶ岳縦走2泊2日の旅ー0~1日目ー おわり

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ←ちょっと押してみて。

 

 

 

 

 


【八ヶ岳】SEASON-1:南八ヶ岳縦走2泊2日の旅ー0~1日目ー” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です